fc2ブログ
自動車業界の情報満載!!
2024/0112345678910111213141516171819202122232425262728292024/03
あなたの愛車の『バッテリー』を最近点検しましたか?

外見からはプロでも判断が難しく、最近ではメンテナンスフリータイプ
(バッテリー液を補充しなくても良いタイプ)

も多くなり、バッテリーの寿命に気付かない方も多いのでは!!

メーカーでは早くて3年、長くても5年位が交換目安とされています。


これからの時期は要注意!!

これから暑くなる夏はバッテリーにとって過酷な時期になります。

エアコンの使用や道路渋滞、暑さもバッテリーに悪影響が加わり

イザという時にエンジンが掛からないトラブルが続出します!!

そうならないためにも定期的な交換をお薦めします。


今大注目の『再生バッテリー』

原料価格の高騰で今新品バッテリーはかなり高額になっています。
1万2万円するのは当たり前の時代。

そんな中、新品価格の1/4程度のお値段で、尚且つ環境にも優しい
「再生バッテリー」が注目を浴びています。

新品に比べ同等の性能を発揮し、その性能の良さから
全国数万台の乗用車・トラックに使用されています。



 

価格だけじゃない「再生バッテリー」のメリット!!

詳細は⇒再生バッテリー選びならココ!  

「再生バッテリー」の一番の魅力は「お値段」ですが、
再生バッテリーの使用は地球にもとってもいいのです。

破棄される使用済みバッテリーをもう一度使用(リユース)
する事で資源の有効活用になります。

再生バッテリーの再生時に排出されるCO2の量は、新品製造時発生するCO2の20%!!
再生バッテリーを利用する事で温暖化対策にもなるのです 

あなたもエコバッテリーを使ってみよう!きっと満足するはずです!!
スポンサーサイト



自動車を所有している人なら知っていると思いますが

今日は『自動車保険』についてです!!

自賠責保険と違い、任意で入る任意保険とも呼ばれていますが

ほとんどのユーザーが、どこかしらの保険会社に加入しているのではないでしょうか?

年齢や自動車の種類、用途など色々な条件で金額が変わりますが

アナタはどこの保険でも変わりがないと思っていませんか?

だいたいどこの車屋さんでも、提携保険会社がありますので

車を購入すると、一緒に薦められます。

もちろんそこで勤務する社員も半強制的にそこの保険に加入するハメになりますが・・・

しかし世の中たくさんの保険会社があり、保険料をもっと安くしたいと考えたTakuroは

ネットで見つけた比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】で比べてみることに!!

保険料が安いのが一番ですが、その他にロードサービスやその他の保証を考えると

現在の保険料より年間約4,800円も安くなりました!!

私の場合は車輌保険は無しで年齢条件が30歳以上なので、今までも安くはなっていましたが

そこからさらに安くなるとは!! あなたも是非くらべてみてはいかがでしょうか?


 







昨日のめざましテレビでも放送していたので、ご存知の方も
多いとは思いますが、22年度予算が可決され
平成22年4月1日より新年度予算がスタートします。

自動車税制の暫定税率見直しにより車検(継続検査)の時に払う
重量税が減額されることとなりました。
気になる減額ですがお手持ちの車検証の車輌重量を確認してみてください。

乗用車で簡単に説明すると
車輌重量(t)                         差額
軽自動車      8.800  ⇒  7.600      1.200
0.5~1      25.200  ⇒  20.000     5.200
1~1.5      37.800  ⇒  30.000     7.800
1.5~2      50.400 ⇒   40.000     10.400  

この暫定税率の引き下げの恩恵が受けられる条件としては

1.新車登録から18年以内
2.平成22年4月1日以降に、車検(継続検査)を受けた車

ということになり、したがって3月に車検(継続検査)を受けるかたは
最大10.400円も損をしていることになります!!

誰が考えても4月に車検を受けたほうがいいのに決まっていますが
3月で車検が切れてしまういうアナタ!!

ココだけの話、4月に車検を受けたほうが絶対お得ですよ!!
では、どうするかというと・・・

それは「保安基準適合証」をうまく利用することです!!

運輸省の指定工場であれば、車検整備を行い検査に合格すると
「車検が運輸省の代わりに検査して合格しましたよ」という証明書が発行されてます。

保安基準適合証

この後に指定工場では車検証の交付の申請を行うのですが
この証明書には14日間の猶予があります。

これをうまく利用すると 今日18日に車検(継続検査)に合格した場合には
4月1日に車検証の交付が行え重量税が減額がされるということです。

ただし、車検満了日をすぎて車を乗り続ける訳ですので
自賠責保険の期間に注意が必要です。
これは車検(継続検査)時に入る保険ですが
期間によって1ヶ月分余計に加入しなければならないので
ご確認ください。

ご不明な点があれば車のことならなんでも相談ください!!
オートバックスドットコム